スカイプ・テクノロジーズ S.A.は、東日本大震災を受けて、無線LAN(Wi-Fi)サービス「Skype Access」を使ったインターネット接続を、日本国内で3月13日から無料で提供している。地震で連絡が取りにくくなった被災者やその家族、友人と、連絡を取ることができるよう対応したもの。

 「Skype Access」は、インターネット電話サービス「Skype」にログインして、ホテルや駅、カフェなどの公衆無線LANアクセスポイント経由でインターネットにアクセスするサービス。通常はプリペイド方式の「Skypeクレジット」で料金を支払うが、現在、「Skype」のアカウントを入手すれば、サービスを無料で利用できる。

Skypeのトップページ