日本オラクル(遠藤隆雄社長)は、中堅企業向けERPの最新版「JD Edwards EntepriseOne 9.0 Update2」と「JD Edwards World A9.2 Update1」に、新たなサポート期間を設けることを発表した。

 新たなサポート期間を設定したのは、ユーザー企業との契約に基づき、技術的問い合わせへの対応やシステムの不具合を解決するためのパッチの開発・提供、最新版ソフトウェアの提供などを実施するサポートサービス「Oracle Premier Support」。

 「JD Edwards EntepriseOne 9.0 Update2」の「Premier Support」期間は2010年11月から2015年11月末までで、「JD Edwards World A9.2 Update1」の「Premier Support」期間は2010年5月から2015年5月末までとなる。

 「Premier Support」期間終了後は、延長サポート期間として「Extended Support」を契約することで、3年間、「Premier Support」と同等のサービスを受けることができる。

「Extended Support」の期間終了後、あるいは「Extended Support」を契約しない場合、「Sustaining Support」期間となり、技術的問い合わせ受付や既存パッチの提供などのサービスを無期限で受けることができる。

 従来は、「JD Edwards EntepriseOne 9.0」の「Premier Support」の期間は2013年9月末までで、「JD Edwards World A9.2 Update1」は2014年4月末までだった。(信澤健太)