富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(富士通SSL、花岡和彦社長)は、紙の資料を不要とし効率的な会議運営を実現するペーパーレス会議システム「Web コアConference」を5月19日に発売した。

 「Web コアConference」は、サーバーに登録した会議資料を、無線LANを経由し、会議参加者が使用するタブレット端末iPadの画面に表示することで、ペーパーレス会議を実現するシステム。紙で配布されていた資料を電子化することにより、印刷や製本など資料作成に関するコストの削減や配布などの準備期間の短縮を実現し、さらに機密情報を含む紙の資料の持ち出しや紛失による情報漏えいのリスクを排除することができる。また、紙の使用量の削減や、印刷など会議準備に費やす電力使用量を低減できることから、環境対策にも活用できる。

 なお、「Web コアConference」は、ウィズダムウェブが開発したペーパーレス会議システム「Wisdom Web Conference」を、同社商品としてパッケージ化したもの。同社では、「Web コアConference」の提供を通じて、顧客の会議運営に関するコスト削減と意思決定の迅速化、さらには環境対策の実現を支援していく。

 価格は、5ライセンスパックが99万7500円、10ライセンスパックが115万5000円、20ライセンスパックが147万円。同社では、2年間で3億円の販売を目標としている。