富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(富士通SSL、花岡和彦社長)は、メール誤送信防止製品「SHieldMailChecker」のオプションサービスとして、「SHieldMailChecker GateWayAnalyzer」を9月21日から提供開始した。

 「SHieldMailChecker」は、メールの誤送信を未然に防止するクライアントソフトウェア。今回の新オプションサービス「SHieldMailChecker GateWayAnalyzer」は、「SHieldMailChecker」のクライアントへのインストール状況と、送信されたメールが同製品によりチェックされたかどうかをサーバー上で確認することができるサービス。

 パソコンやメールソフトの入れ替えによる「SHieldMailChecker」のインストール忘れなど、同製品の未使用者をメールアドレス単位で把握することができるため、社内のインストール状況を逐次確認し、使用を徹底させることができる。また、「SHieldMailChecker」によるチェックを受けていない社外宛てメールの配信を拒否することができ、送信者にエラー通知を返すことによりインストールを促すことが可能となる。

 価格は、月払いの場合5万7750円、年払いの場合62万3700円。個別カスタマイズは個別見積りとなる。同社では、今後2年間で25社への販売を目標としている。