ネオジャパン(齋藤晶議社長)は、6月3日、グループウェア「desknet's(デスクネッツ)」のオプション製品として、社内の情報・データを一元管理するウェブデータベース(DB)システム「desknet's DB」を発売した。

 「desknet's DB」は、項目の書式設定や入力規則、入力フォームの作成、表示用・印刷用の帳票作成などの機能を備える。次世代のウェブ標準技術「HTML5」を採用し、直感的に使えるユーザーインターフェースを実現した。

 初年度の新規・追加ライセンス価格は、1万8900円/5ユーザー~37万8000円/100ユーザー。2年目以降の更新ライセンス価格は、1万500円/5ユーザー~21万円/100ユーザー。(ゼンフ ミシャ)