エス・アンド・アイ(S&I、藤本司郎社長)は、Androidスマートフォンを内線電話として利用可能にする発信専用ダイヤラーアプリケーション「uniConnect II for Android」を、8月29日からAndroid Marketで無料提供する。

 「uniConnect II」は、同社が提供する専用のIP-PBXと連動させることで、オフィスでも外出先でも、会社の固定番号でのスマートフォン発着信が可能となるシステム。今回の「uniConnect II for Android」は、今年2月にiPhone向けに開発したuniConnect IIダイヤラーを、Androidスマートフォン向けに最適化したもの。これにより、uniConnectシステムの導入時に、NTTドコモ・ソフトバンクモバイル・KDDI(au)の主要3キャリアの各種スマートフォンから選択できるようになる。

 発表時点で「uniConnect II for Android」がサポートする機種は、NTTドコモが「GALAXY S SC-02B」「MEDIAS N-04C」「REGZA Phone T-01C」「Xperia SO-01B」、ソフトバンクモバイルが「GALAPAGOS 003SH」「HTC Desire X06HT」、KDDI(au)が「htc EVO WiMAX ISW11HT」。そのほかの機種については、随時対応していく。

「uniConnect II for Android」の画面イメージ