富士通(山本正已社長)は、7月26日、千葉市教育委員会教育センターが、市内の小・中・特別支援学校、計176校の全教職員用と生徒の学習用に8000台のパソコンを新たに導入し、政令都市として初となる大規模なシンクライアントシステム「Cabinet統合システム」を、富士通と共同構築したと発表した。仮想化技術を利用することによって、教員が自宅で作業を行うときに、学校と同じICT(情報通信技術)環境を提供する。

 教科指導用と校務用のシンクライアントパソコンとして、富士通の「FMV-TC8390」約3000台を導入。仮想デスクトップ環境で運用して、パソコン本体にはデータを保存せず、学校の学習用サーバーと集中管理のシステムに保存している。一方、パソコン教室には、ネットブート型シンクライアント端末「ESPRIMO D550/B」約5000台を導入し、児童生徒の個別学習に対応したICT環境を実現する。

 千葉市は、1999年から千葉市教育情報ネットワーク「Cabinet」整備事業に取り組み、市内176校の校内LANの整備・充実による情報教育の高度化や、校務作業のICT化による業務の効率化を推進してきた。今後は、校務作業のICT化によって、教員が生徒と向き合う時間を増やしていく。

 富士通は、システムのサポートと最新情報の提供を通じて、「Cabinet統合システム」の安定した運用を支援していく。(ゼンフ ミシャ)

「Cabinet統合システム」の構築図