弥生(岡本浩一郎社長)は、東日本大震災で被災した中小企業・個人事業主への追加支援を発表した。

 東日本大震災で被災した事業者を対象に、1事業所につき会計ソフト「弥生会計 11 プロフェッショナル」「弥生会計 11 スタンダード」「やよいの青色申告 11」、販売管理ソフト「弥生販売 11 プロフェッショナル」「弥生販売 11 スタンダード」「やよいの見積・納品・請求書 11」、給与ソフト「弥生給与 11」「やよいの給与計算 11」、顧客管理ソフト「弥生顧客 10」のうち、最大4製品を提供する。

 提供期間は8月1日から10月31日までで、罹災証明書「全壊/大規模半壊/半壊」が必要となる。また、ネットワーク製品、2ユーザー製品、バリューパック、バージョンアップ製品、アップグレード製品は対象外。

 このほか、新たに日本商工会議所に義援金1000万円を寄付する。(信澤健太)