大手ネットワーク機器メーカーの米シスコ(ジョン・チャンバーズCEO)は、8月29日、サンフランシスコを拠点とする株式非公開企業のVersly社を買収した。コラボレーション分野の強化を図った取り組みだ。

 Verslyがもつ技術は、「Microsoft Office」アプリケーションに、コラボレーション機能を組み込むことによって、ドキュメント、スプレッドシート、プレゼンテーション、電子メールのコンテンツなどのコラボレーションを実現する。

 シスコは、コラボレーションの潜在的な市場規模を最大450億ドルとみており、コラボレーションを重点的に拡大させる事業分野の一つとして捉えている。今後、Verslyのソフトウェアを「Quad」や「Jabber」「WebEx」など、シスコのコラボレーション製品に組み込んで提供していく。

 買収完了後、Verslyの従業員はシスコの「コラボレーション ソフトウェア グループ」に統合される。買収契約にかかわる金銭的な条件は非公開。(ゼンフ ミシャ)