福井コンピュータ(小林德也社長)とリコー(近藤史朗社長)は、10月20日、図面や書類を複合機から直接クラウド環境に登録できる建築業向けソリューション「TREND Net for imagio」の販売を開始する。

 福井コンピュータのクラウド型顧客管理&データ保管サービス「TREND Net 2011」のクライアントとしてリコーのデジタル複合機(MFP)「imagio シリーズ」を活用することで、パソコンを介さずに図面や書類を登録できる連携システム。リコーが推進する「Operius(オペリウス)」の開発パートナーである福井コンピュータが、リコーの技術協力を受けて開発した。MFPの操作パネル上に表示される「TREND Net 2011」の操作画面から顧客や物件名を選択し、図面や仕様の打ち合わせ時の記録文書を電子化・登録する。

 価格は税別1万円で、工務店や設計事務所、建設会社など建築業界を対象に販売する。初年度100本の販売を目指す。(信澤健太)

「TREND Net for imagio」の利用イメージ