ソフト開発とシステムインテグレーション(SI)事業のDTS(西田公一社長)は、10月28日、米国にSI事業の100%子会社を設立すると発表した。11月の設立を予定し、主に米国に進出した日系企業を対象にビジネスを展開する。

 新会社の社名は、「DTS AMERICA CORPORATION」。資本金は20万ドル(約1600万円)で、ニューヨークに本社を構える。DTSは、まずはSI事業から始めるが、将来はDTSがもつ製品・サービスの米国市場での販売も行う考えだ。(木村剛士)