日本土地建物(吉田卓郎社長)は、CRE(Corporate Real Estate:企業不動産)の情報を整備・一元化するITツールとして、クラウド型マネジメントシステム「CREXα」の提供を12月1日に開始する。

 日本土地建物は、2008年12月、クライアントサーバー型のCREマネジメントシステム「CREX」をリリース。上場企業を中心に多くの顧客が導入している。「CREXα」は、セールスフォース・ドットコムとのOEMパートナー契約によって、クラウド型プラットフォーム「Force.com」上に日本土地建物とみずほ情報総研が共同で構築したクラウド型システム。物件数やユーザー数の少ない顧客のほか、システムの運用や管理の負担を気にせずにサービスを活用したい顧客なども手軽に利用できる。

 みずほ情報総研は、「Salesforce導入支援サービス」や「Force.com開発サービス」などを提供することで培ってきたノウハウを生かし、クラウドビジネスへの参入を目指す企業を支援していく。