ニュース

<MIJSカンファレンスin上海>日中のベンダーとユーザーなど、約300名が参加、国産ソフトを紹介

2011/11/25 10:37

【上海発】日本国内の有力ソフトウェアベンダーが加盟する「Made In Japan Software Consortium」(MIJS、内野弘幸理事長)は、11月25日、中国上海市内の世貿商城(上海マート)で、中国内で活動するベンダーやユーザー企業を中国ローカルベンダーなどに紹介する「MIJSカンファレンスin上海」を開催した。

上海世易(上海マート)2階が会場

 MIJSの「海外展開委員会」(委員長:飯島邦夫闊利達軟件(上海)有限公司/クオリティ上海総経理)の活動として実施。日本国産ベンダーは、17社が、日本語トラック(2会場)と中国語トラック(2会場)に分かれて発表。来場者は約300名に達した。

 当日の発表ベンダーは、以下の通り。

計4台のエイサー「ICONIA TAB」が参加者に当たる抽選も

 Anhui OSS、インフォファーム、アプレッソ、NEC、電通国際情報サービス、東洋ビジネスエンジニアリングス、インフォテリア、サイボウズ、構造計画研究所、クオリティ、ウイングアークテクノロジーズ、NTTデータイントラマート、SGシステム、WEIC、野村総合研究所、ビー・エス・ピー、日立ソリューション。

(谷畑良胤)
  • 1

関連記事

<Event Report>MIJS 中国市場進出に向けたイベントを開催 定員を上回る盛況ぶり

<IT業界の主要各社が展開する“次の一手”>メイド・イン・ジャパン・ソフトウエア・コンソーシアム(MIJS) MIJS会員各社が中国攻略法を語る

<有力ベンダーが語るビジネス戦略とパートナー施策>クオリティ 中国のニーズに合った営業スタイルを展開

MIJSとBCN共催のMIJS上海セミナー、第一部業務ソフト会社5社が講演

MIJSとBCN共催のMIJS上海イベント、ミドル製品提供の6社が登場、ISID上海がSAP連携製品の中国展開を公表

外部リンク

MIJSコンソーシアム=http://www.mijs.jp/

落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>