NTTソフトウェア(山田伸一社長)は、クラウド・セルフサービスポータル「vHut(virtualization High-operation support tool)」をオープンソースソフトウェアとして無償で公開した。

 「Red Hat Enterprise Virtualization」と連携して動作するクラウド・セルフサービスポータル。システム運用者に集中する運用作業の移譲と自動化を実現し、システム全体での運用コストを削減する。システム運用者からシステム利用者に作業を委譲する機能や、定型的な運用作業を自動化する機能を備えている。

 オープンソースとしての「vHut」とマニュアルなどを無償で公開することに加え、構築を希望する顧客には別途有償での構築サービスも用意している。