スターティアラボ(北村健一社長)は、2012年2月をめどに、電子ブック作成ソフト「Digitalink ActiBook(ActiBook)」で、HTMLの新標準規格「HTML5」対応バージョンのベータ版をリリースする。

 「ActiBook」は、パソコンやiPhone/iPad、Android搭載スマートフォンに対応する電子ブック作成ソフト。大手出版社をはじめとする1290社以上が採用している。

 Flashと同程度の動作を実現する「HTML5」に対応することで、アプリケーションのダウンロードを行わなくても、iPhone/iPad、Android端末から電子ブックの閲覧ができるようになる。

 同社の開発コンセプト「一度の編集作業で複数のデバイスに合ったコンテンツの作成ができる」にもとづいて、パソコン用、アプリケーション用の作成と同時に「HTML5」対応版を作成することができ、作業コストを最小限に抑えられる。