オービックビジネスコンサルタント(OBC、和田成史社長)は、会計事務所の顧問先で多数を占める小規模法人企業の自計化を支援する専用ラインアップ「奉行Jシリーズ」を4月に発売する。第一弾の「奉行J-会計編」を手始めに、小規模法人に適した商品群を揃えていく。

 「奉行Jシリーズ」は、「今日から」「毎日」「安心」をキーワードに、小規模法人に特化した業務ソフトウェア。多忙な小規模法人の運用に焦点を当て、「自計化」を支援する。第一弾の「奉行J-会計編」は、会計に不慣れな人でも直観的に操作できるやさしい操作性を追求。小規模企業が利用している「帳簿」に合わせた入力方法で、現金/預金出納帳、売掛/買掛帳など、複数の帳簿入力方式に対応している。

 また、定型仕訳などの仕訳パターンによって、仕訳に不慣れな担当者でも入力することができるようにした。さらに、会計事務所と顧問先の両方の利用を考慮し、帳簿入力方式と仕訳伝票入力方式で入力したデータを一元管理して、どちらからでも修正できる。

 オンラインダウンロードで、いつでも試用でき、その操作性や簡便性に触れることができる。購入する場合は、その場で即時にライセンスが発行され、すぐに正式版として利用することができる。価格は、初期費用が2万円、年額利用料が4万円からの予定。