日本オラクル(遠藤隆雄社長)は、1月31日、ビジネスの優先順位に応じてアプリケーションのデータ管理ができるストレージ製品「Pillar Axiom (ピラー・アキシオム) 600」を発売した。

 「Pillar Axiom 600」は、特定のトラフィックの優先度を上げ、サービスの品質や安定性を確保する「QoS」機能を採用。アプリケーションのデータを先着順で管理するのではなく、ビジネス価値に応じてデータの入出力要件に合わせたリソースの割り当てを実現する。CPUの稼働率や容量、キャッシュの分配を行うことができる。

 データベース「Oracle Exadata」向けに開発されたデータ圧縮技術「Hybrid Columnar Compression」に対応し、「Oracle Database」の利用環境で、平均3~5倍、ストレージ効率を上げることができる。容量は最大1.6PBまで拡張可能。最小構成価格は675万9606円。(ゼンフ ミシャ)