NECは、2月21日、IAサーバー「Express5800シリーズ」の1Wayエントリサーバー、計7モデルを発売した。

 新製品は、いずれもサーバーの節電運用を支援する電力制御機能を強化し、サーバーの消費電力値の上限値を設定できるパワーキャッピング機能を標準サポート。装置自体の省電力化と合わせて、最大約35%の電力を削減する。さらに、仮想化で集約することによって、最大約70%の電力を削減。パワーキャッピングの有効/無効スケジュールが設定できるので、業務を優先する時間帯/電力を切り分けや、ピーク需要時間帯の電力抑制などに活用できる。

 サーバーを事務所や店舗などに設置することが多い中堅・中小企業向けに、防塵オプションも用意。一般的な動作環境温度(35°C)を上回る40°Cへの対応に加え、きょう体内への塵埃の吸入を防ぐ防塵フィルターを提供する。とくに、業界最小クラスのスリムサーバー「Express5800/GT110d-S」では、防塵フィルタの目詰まり検出機能を新たにサポートした。

 サーバーを初めて導入するSOHO市場向けに、マイクロソフトの「Windows Small Business Server 2011 Essentials」のプリインストールモデルを製品化。接続PC25台未満の小規模オフィス向けに、クライアントPCのバックアップやファイル共有などの機能を搭載するとともに、社外からのリモート接続もサポート。初めてでもわかりやすいGUIの管理ツールを搭載し、特定のシステム管理者がいない環境でも手軽にサーバーを導入することができる。ハードウェアのオンサイト保守とOSのサポートサービスをパッケージ化した専用の「PlatformSupportPack」も提供する。

 税別価格は、1Wayタワーサーバー「Express5800/GT110d」が7万8800円から、1Wayスリムサーバー「Express5800/GT110d-S」が10万8800円から、1Way水冷スリムサーバー「Express5800/GT110d-S」が15万700円から、1Wayラックサーバー「Express5800/R110d-1E」が18万6000円から、1Wayラックサーバー「Express5800/E110d-1」が10万円から、1Wayタワーサーバー「Express5800/GT110d(Windows Small Business Server 2011 Essentialsプリインストールモデル)」が14万8000円から、1Wayスリムサーバー「Express5800/GT110d-S(Windows Small Business Server 2011 Essentialsプリインストールモデル)」が25万8000円から、「PlatformSupportPack(Windows Small Business Server 2011 Essentials)」が5万円から。