富士ゼロックス(山本忠人社長)は、複数拠点間のインターネットVPN(仮想専用回線)接続サービス「beat/branch(ビートブランチ)サービス」の低価格版として、拠点ごとの月額利用料が7800円の「beat/branch-lite サービス」を、3月15日に発売する。

 「beat/branch サービス」同様、インターネット通信とネットワーク管理を本社で集中して行うVPNサービスの低価格版。複数拠点でネットワーク管理者を配置することが難しい少人数の出張所や店舗向けのサービスだ。

 安全なVPN構築のために必要な最小限の機能に絞ることで、低価格を実現。ネットワークの回線状況やハードウェアを24時間365日リモートで監視し、障害発生時の対応は富士ゼロックスが行う。初期登録の費用は5万円。(ゼンフ ミシャ)