バラクーダネットワークスジャパン(ナイル・キング社長)は、米国のセキュリティ専門誌『SC Magazine』の「2012 Reader Trust Award」で、「Barracuda NextG Firewall」が「ベストエンタープライズファイアウォール」を受賞したと発表した。

 エンタープライズファイアウォール部門では、組織全体のファイアウォールとして機能し、ポート、プロトコル、ソースIPアドレス、宛先IPアドレスにもとづくインバウンドとアウトバウンドのトラフィックのフィルタリングを行い、これらのフィルタリング基準を満たさないネットワークトラフィックを遮断する能力が問われる。さらに、ファイアウォールの管理性、使い勝手、拡張性、顧客サービスが審査される。

 さまざまな業種でITセキュリティを担当するエグゼクティブで構成されるReader Trust Voting Panel(投票委員会)から、「Barracuda NextG Firewall」の実績と市場への影響度が評価され、「最優秀エンタープライズファイアウォール」部門での受賞となった。

 「Barracuda NextG Firewall」は、ハードウェアと仮想アプライアンスのファミリー製品を用意し、ネットワークインフラの保護、サイト間の接続性の向上、ネットワーク運用管理の簡素化を実現する。強力なネットワークファイアウォールとして、VPNテクノロジを活用するだけでなく、次世代ファイアウォールテクノロジを包括的に統合している。