デジタルコースト(荻島浩司代表取締役)は、4月24日、効果的な人材活用を目指すワークフォース・マネジメントソリューション「チームスピリット」を発表した。2011年10月にセールスフォース・ドットコム(宇陀栄次社長)と資本提携したことを受けて開発したもの。

 「チームスピリット」は、セールスフォースの企業向けソーシャルネットワーク「Salesforce Chatter」に勤怠管理やプロジェクト工数管理、経費精算ワークフローなどを連携し、従業員の活動をアクティビティストリームとして記録するソリューション。クラウドプラットフォーム「Force.com」上で稼働する。スマートフォンで利用できる無料アプリケーションで、外出先での空き時間に取引先との商談状況を社内チームと共有できる。

 また、外出先から位置情報つきで勤怠打刻して空き時間に経費精算したり、スマートフォンのカメラでホワイトボードの会議録を撮影して「Salesforce Chatter」で共有したりできる。(信澤健太)