日本IBM(マーティン・イェッター社長)は、6月5日、ストレージ分野の新ビジョン「スマーター・ストレージ」を発表した。同社が掲げる「スマーター・コンピューティング」をストレージ分野でも展開していくもので、ユーザー企業がビッグデータを効率的に活用できるストレージ関連の製品・サービスを商品化していく。

 「スマーター・ストレージ」では、増え続けるデータ容量をワークロードをかけずに管理コストを抑制する「Efficient by Design(開発設計段階から極限まで追求された効率性)」、多くの情報にアクセスして投資対効果を最大化する「Cloud Agile(クラウドの俊敏性)」、パフォーマンスと生産性を向上する「Self-optimizing(自律的な最適化)」をコンセプトに製品化を進める。

 システム製品事業ストレージ事業部の勝俣正起部長は、「今回のビジョンは、『スマーター・コンピューティング』をストレージにまで落とし込んだことがポイント。当社のストレージで、ビッグデータがあたりまえになったときに挙がってくる課題を解決することができる」とアピールした。 

勝俣正起事業部長

 第一弾として、ブロック・データをリアルタイムで圧縮して、最大80%のデータ容量を削減する機能を搭載したストレージ機器「IBM Storwise V7000」の出荷を6月15日に開始する。また、この機能を搭載したソフト「IBM Storwise V7000 Software V6.4」「IBM SAN Volume Controller Software V6.4」の発売も計画している。税別価格は、「IBM Storwise V7000 Software V6.4」がストレージ機器1台あたり135万円、「IBM SAN Volume Controller Software V6.4」が1TBあたり30万4800円から。

 このほか、サーバー内蔵SSDと外付けHDDのコンテンツを自動的に階層管理する機能や、アプリケーションとミドルウェアによる最適なデータ配置を行うためのAPIの提供、スケールアウト型のNAS「IBM Scale Out Network Attached Storage(SONAS)」と統合ディスク・システム「IBM Storwize V7000 Unified」の間でデータを共有することができる機能などを開発する。佐野正和システムズ&テクノロジー・エバンジェリストは、「開発を表明したことで、ユーザー企業はビッグデータ時代の到来に向けて当社の製品を安心して使えるようになる」と述べた。(佐相彰彦)

佐野正和エバンジェリスト