アマノビジネスソリューションズ(ABS、錦織利行社長)は、タイムスタンプの発行サービス「アマノタイムスタンプサービス3161 Type-S」を発売した。

 毎秒400スタンプを発行できるタイムスタンプサービス。時刻配信業務認定事業者のスカパーJSAT(高田真治社長)の衛星を活用した時刻配信サービス「TimeShower」を活用し、セコムトラストシステムズの電子認証局が発行する電子証明書で、タイムスタンプ(トークン)を生成する。タイムスタンプ局への接続と失効確認のための認証局への接続で、VPNを活用することができる。

 今後、スカパーJSATが提供している分散ストレージサービス「S*Plex3」にタイムスタンプ機能を実装し、電子データの分散保存とセキュリティ確保を実現した新サービスも提供する予定。