コヨーテポイント・システムズ・ジャパン(コヨーテポイント、小林容樹カントリーマネージャ)は、6月15日、アプリケーションデリバリコントローラ(ADC)と負荷分散機能をもつ仮想アプライアンスの新製品「Equalizer OnDemand」を8月1日に発売すると発表した。

 ヴイエムウェアの仮想化ソフトで構築した仮想システムに適したADC/負荷分散装置。最新の「EQ/OS 10アーキテクチャ」をベースに開発し、ネットワークトラフィックの管理とトラフィック量が増加したときに処理を複数のサーバーに振り分ける機能をもつ。

 価格は74万8000円。8月1日から10月26日までは、39万8000円で販売する。