インターコム(高橋啓介社長)は、パソコンの節電を支援するソフトウェア「Ultra EcoPC」を6月27日に発売する。

 「Ultra EcoPC」は、モニタやハードディスクドライブ(HDD)の電源オフ、スリープモードへの変換など、パソコンの電力消費量を抑える設定を情報システム管理者が行うことができる。

 HDDの故障を監視する機能や、不要ファイルのクリーニング機能、プリンタのインク使用量を削減する機能などももつ。価格は、5ライセンスで1万1760円、10ライセンスパックで2万2050円。