iPhoneやiPadなど、iOS搭載端末の法人利用の促進を目的とした団体「一般社団法人 iOS コンソーシアム」が、6月21日に発足した。発起人企業は15社。

 活動内容は、iOSに関する情報提供や、スマートデバイスの普及・促進に必要なテーマを議論する専門部会と委員会、セミナーの開催など。企業・団体にiOS搭載端末nの利用を促す取り組みを企画・推進する。

 発起人企業は、SCSK、キーウェアサービス、キーウェアソリューションズ、京セラ丸善システムインテグレーション、サイバートラスト、サイボウズ、ジェナ、電算システム、日商エレクトロニクス、ビジネス・ストリングス、モールスリー、ユニアデックス、ユニ・チャーム、横河レンタ・リース、ワークスアプリケーションズ。

 会員企業を広く募集する方針で、会員登録の受付けを開始している。7月25日には、入会説明会と第1回総会を開催する。詳細は未定で、決まり次第、iOS コンソーシアムのホームページに掲載する。