日本オラクル(遠藤隆雄社長)は、7月31日、クラウド基盤システム「Oracle Exalogic Elastic Cloud(オラクル・エクサロジック・エラスティック・クラウド)」のハード性能を高めてミドルウェアを高速処理するソフト「Oracle Exalogic Elastic Cloud Software 2.0」の提供を開始したと発表した。業務アプリケーションの仮想化やサーバーの集約ができ、プライベートクラウドの環境を容易に構築することができる。

 「Oracle Exalogic Elastic Cloud Software 2.0」は、仮想化ソフト「Oracle VM」に対応し、業務アプリケーションの仮想化環境を構築。インフィニバンドとソフトを最適化する「Oracle Exabus(オラクル・エクサバス)」で、ネットワークの帯域を4倍に高速化し、ネットワークの遅延を6分の1に短縮する。

 また、運用管理ソフト「Oracle Enterprise Manager 12c」によって、プライベートクラウド環境で複数のアプリケーションを集約・管理することができる。さらに、トラフィック処理を動的に管理する「Oracle Traffic Director」で、大量のアプリケーショントラフィックをセキュアに管理する。

 日本オラクルでは、ミドルウェア製品群「Fusion Middleware」の拡販に向け、重点分野の一つとして「Oracle Exalogic Elastic Cloud」の製品力向上を掲げ、その一環として新製品を発売。桐生卓執行役員Fusion Middleware事業統括本部長は、「『Oracle Exalogic Elastic Cloud』は、分析できる『ビッグデータ』になる前段階の大容量データ『ファストデータ』の処理に適している。それを理解してくれる販売パートナーが増えつつあり、さらにビジネスが拡大できる」と自信をみせた。(佐相彰彦)

桐生卓執行役員Fusion Middleware事業統括本部長