ソリトンシステムズ(鎌田信夫代表)は、標的型攻撃に対抗するマルウェア対策ソフトウェアの新バージョン「Zerona V3.2.5」を発売した。

 ぜい弱性を利用した攻撃を検知・ブロックするPC用マルウェア対策ソフトウェア。パターンマッチングとは異なる方式で、Windows端末にインストールしたソフトウェアが、攻撃コードの実行そのものをブロックするので、端末側に負荷をかけない。新種のマルウェアを検知する四つのエンジンを搭載し、攻撃活動をしていない状態でのマルウェアの侵入やぜい弱性を悪用していないマルウェアも検知する。

 新バージョンは、ソリトンのクライアントセキュリティ製品での経験を生かして、Zeronaエージェント管理機能を大幅に改善し、管理面での「守り」も強化した。管理サーバー側からZeronaエージェントに対して、バージョンアップや各種設定のプッシュ配信ができるようになったほか、スケジューリング設定によって、大規模環境でもネットワークの負荷を考慮しながら設定変更やバージョンアップを徹底することができる。ライセンス期限の事前通知や期限切れが近い端末を検索する機能も追加し、ライセンス更新忘れや管理ミスによるZeronaエージェントのエンジン停止を防ぐ。

 また、コード実行型攻撃からぜい弱性を防御する「Zerona Z1」、各種マルウェア対策エンジンが追加されたフル機能版の「Zerona Z4」の両モデルとも、Windows 7の64bit環境や仮想デスクトップ環境に対応し、幅広い環境で利用できるようになった。

 さらに、ポリシー設定やライセンスをあらかじめ投入した状態でZeronaエージェントをインストールできるようになり、オフライン端末向けのマルウェア対策として活用しやすくなった。

 税別価格は、「Zerona Z1(コード実行型攻撃防御)」が1ライセンス年額5000円、「Zerona Z4(コード実行型攻撃防御+3種の高精度検知エンジン)」が1ライセンス年額1万円。10ライセンスから購入できる。出荷開始は8月6日の予定。