ソリトンシステムズ(鎌田信夫代表)は、4月1日に開局した日本初のスマートフォン向け放送局「NOTTV(ノッティーヴィー)」を運営するmmbi(二木治成代表)に、携帯回線を用いてハイビジョン映像伝送を実現する「Smart-telecaster HD」を納入した。

 「Smart-telecasterシリーズ」は、Xi、FOMA、WiMAX などの公衆モバイル回線を使ってリアルタイムに高品質な映像伝送を行うソリューション。採用された「Smart-telecaster HD」はフルHD解像度(1920×1080)の映像入出力に対応し、HD-SDI/HDMIをサポートして業務用の高画質映像中継を実現する。

 mmbiでは、NOTTVの開局に向け、機動力のある中継を実現するために、NTTドコモが提供するXiを利用したハイビジョン映像伝送システムを検討していた。導入に際しては、高層ビルが林立する都心の電波状況が不安定な場所でも、安定してリアルタイムに映像が伝送できることが絶対条件だった。各種の動作検証の結果、これらの条件を満たしたことが評価され、「Smart-telecaster HD」の採用が決定した。

 「Smart-telecaster HD」は、NOTTV開局後、情報バラエティ番組「notty★LIVE 7時間!」で、毎日各所からのライブ中継に活用されている。