京セラコミュニケーションシステム(KCCS、佐々木節夫社長)は、8月7日、小・中規模のネットワークに対応したクラウド型ネットワーク脆弱性診断サービス「nCircle PureCloud」の提供を開始した。

 全世界で6000社以上の導入実績をもつアプライアンス型脆弱性・リスク管理システム「nCircle IP360」を使ったクラウド型ネットワーク脆弱性診断サービス。クラウドサービスなので、クライアントPCに簡単な設定をするだけで診断ができ、低コストで導入することができる。また、海外拠点や子会社を含めたグループ企業全体でも、統一したリスク管理を実現する。

 診断結果は、強固なAES暗号化方式で暗号化し、クラウド上に保存。インターネット経由でいつでも閲覧できる。ユーザーとの通信には、金融機関でも用いられる暗号化通信(SSL3.0/TLS1.0)を使用する。

 税別価格は、年額8000円/IP。最低購入数は10IPから。購入前に、実際の機能を体験できる1か月間の無償評価サービスを提供する。KCCSは、イントラネット内のネットワーク脆弱性診断事業として、3年間で5億円の売り上げを見込んでいる。