ニュース

日商エレ、インドネシア現地法人を開設、ローカルの通信事業者などにネットワークサービスを提供

2012/08/08 20:08

 日商エレクトロニクス(日商エレ、瓦谷晋一社長)は、8月1日、インドネシア現地法人の営業を開始した。

 首都ジャカルタにオフィスを構えるインドネシア現地法人は、ネットワークの技術サポートを手がけるP.T. Infracell Nusatama(インフラセル)社との合弁会社。現地の通信事業者や官公庁、大手企業などを対象に、通信ネットワークの構築支援と保守・運用サービスを提供する。

 日商エレは、経済成長に伴って急速にネットワークインフラの整備が進むインドネシアでは、技術サポートを中心とする情報通信サービスの需要が高いとみている。現地法人は、2011年10月に営業を開始したベトナム現地法人に続き、東南アジアで2番目。(ゼンフ ミシャ)
  • 1

関連記事

有望市場・東南アジア ITベンダーは開拓の準備を着々と

NIerの事業が変わる!? 「サービス」と「海外」にシフトする動きを追う

日商エレクトロニクス アジアで現地企業を狙う ベトナムでNWサービス提供

日商エレ、ベトナム現地法人を設立、10月営業開始、アジア事業の強化へ

<Industry Chart 業界の今を俯瞰する>SIerのグローバルITサービス 中国・ASEANへの進出相次ぐ 成長見込める新興国で可能性を追求

外部リンク

日商エレクトロニクス=http://www.nissho-ele.co.jp/

おすすめ記事

 
 

『週刊BCN』デジタル版 無料進呈キャンペーン

無料会員登録で6号プレゼント!!【9/30まで】

× ◆無料会員登録はこちらから>>