ミラポイントジャパン(湯佐嘉人社長)は、メールサーバーアプライアンス「Mirapoint Message Server」に搭載するウェブメール「Mirapoint WebMail」をスマートフォンに対応させ、10月31日に発売する。

 「Mirapoint Message Server」は、メールに必要なコンポーネントを最適化した状態で、1台の専用機に統合したメールサーバーアプライアンス。機能の一部として、ウェブメール「Mirapoint WebMail」を提供し、モバイルアクセスを検討する企業のメッセージング・コラボレーション基盤をシンプルに実現する。

 また、「Mirapoint WebMail」で、iPhoneとAndroidを搭載するスマートフォンのサポートを開始する。利用者は、スマートフォンの標準ウェブブラウザからアクセスし、パスワード保護された専用のウェブユーザーインターフェース(Web UI)を使ってメールを利用することができる。新たに、タッチパネル環境でわかりやすく操作しやすいWeb UIを開発した。スマートフォン対応によって、管理・運用面の課題解決に加え、業務効率のアップを要件とする企業のメールシステムの再構築を支援していく。

 「Mirapoint Message Server」の税別価格は、452万2000円から。「Mirapoint WebMail」の利用には、別途ライセンス購入が必要となる。