三菱電機インフォメーションシステムズ(MDIS、森田温社長)は、通信事業者の携帯電話メールシステムの構築・運用に向けて、SMS/MMSなどメッセージングサービスを実現するオープンソースソフトウェア(OSS)「Mbuni」「Kannel」「milter manager」のサポートサービスの提供を開始した。

 MDISは、携帯電話のメールサービスであるSMSとMMSに特化したOSS「Mbuni」「Kannel」「milter manager」の導入・システム構築ノウハウを、業界に先駆けて提供。OSSを大規模、高信頼のシステムに適用するにあたっては、個別の環境を想定した試行検証によってOSSの機能や安定性を評価し、OSSを導入する場合の注意点、対処方法、改修方法などを提案する。

 また、開発コミュニティとのネットワークも活用し、自社開発したアプリケーションソフトウェアと同等の主体的な開発と品質管理、サポートを行う。さらに、市販パッケージ製品の保守契約に相当する問い合わせ対応、問題解析、解決策を提示する。

 価格は、「Mbuni」向けサポートサービスが52万5000円から、「Kannel」向けサポートサービスが63万円から、「milter manager」向けサポートサービスが42万円から。