丸紅アクセスソリューションズ(齊藤秀久社長)は、クラウド型デバイスマネージメントシステム(MDM)「VECTANTセキュアデバイスマネージメント(VECTANT SDM)」の機能として「拡張アクセスコントロール」と「Jailbreak及びroot化された端末検知機能」を追加し、提供を開始した。

 「VECTANT SDM」は、「コンテンツ(データファイル)配信機能」や「VPN機能」、「ウイルス対策ソフトとの連携」「デジタルサイネージ機能」などの機能を実装。「拡張アクセスコントロール」を利用することで、コンテンツの配信管理アカウントを複数設定し、個別に配信コンテンツを管理したうえで部署や役職、個人のスマートデバイスへの配信を制御できるようになった。

 「Jailbreak及びroot化された端末検知機能」は、端末とSDMサーバーが同期するタイミングで情報連携し、端末がJailbreakかroot化を検知した場合、SDM管理コンソール上にその状態を表示し、管理者にメールで通知する。