日本オラクル(遠藤隆雄社長)は、10月24日、スクウェア・エニックスが運営するオンラインゲーム「ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン(ドラゴンクエストX)」のIT基盤の中核にデータベース・マシン「Oracle Exadata」を納入したと発表した。

 スクウェア・エニックスは、今年8月に発売したオンラインゲーム「ドラゴンクエストX」を支えるIT基盤として、11年2月、「Oracle Exadata」を採用。すべての「ドラゴンクエストX」のユーザーデータを一つのデータベースで管理できるようになった。ユーザーは、ログインするたびにワールド(サーバー)を任意に選択でき、他のワールドでプレイしているユーザーと合流して冒険を楽しむことが容易になった。

 これまでの大規模オンラインゲームは、データベースサーバーの性能から、一つのデータベースに収容できるユーザーデータ量に制限があり、同じオンラインゲームに参加しても、データベースが異なるために一緒にプレイできないことがあった。