野村総合研究所(NRI、嶋本正社長)は、データ分析ツール「TRUE TELLERテキストマイニング」のSaaS版を12月1日に提供する。

 コールセンターの問い合わせ内容やアンケートへの回答、ソーシャルメディアなどから収集したテキストデータを、インターネットを経由して分析するテキストマイニングサービス。オプションとして、データアナリストによる分析レポート作成サービスや、顧客管理(CRM)や営業支援(SFA)などのウェブサービスと連携する機能を提供する。また、データやセキュリティの要件に合わせて、ユーザー企業のプライベートクラウド環境でも利用できる。

 従来のパッケージ版は、これまでに約500社が導入した実績をもつ。SaaS版の提供で、「ビッグデータの分析や検証業務を、試行的に行って、順次改善しながら本格的に活用したい」「初期投資を抑え、短期間で複数の部門に導入したい」というニーズに対応した。

 特別キャンペーンとして、発売から1か月間に申し込んだユーザーには、初期費用5万円、月額利用料5万円で提供する。正式な価格は検討中。(真鍋武)