ソリトンシステムズ(ソリトン、鎌田信夫代表)は、HD映像入出力に対応したモバイル映像伝送システム「Smart-telecasterHD」の新バージョンを、2013年1月に発売する。

 「Smart-telecasterシリーズ」は、3GやLTE、WiMAXなどの公衆モバイル回線を使って、リアルタイムに高品質な映像を配信することができる。独自技術「RASCOW(Real-time Auto Speed Control on Waterway model)」を実装し、高品質な映像を安定して伝送。暗号化と接続認証などのセキュリティ機能を備える。

 「Smart-telecasterHD」は、フルHD解像度(1920x1080)での映像入出力に対応。ハードウェアを刷新し、エンコード性能の強化や同時利用可能な通信回線数を8本までに拡張して、中継現場からの要望を反映した新機能を数多く実装した。

 価格はオープン。主に放送局での利用を想定している。なお、新バージョンは、すでにTBSテレビに採用が決まっている。