ソリトンシステムズ(鎌田信夫代表)は、スマートデバイスのビジネスプラットフォームの新バージョン「DME4.0」を発売した。

 スマートフォンやタブレットを安心して業務に利用するためのビジネスプラットフォームで、BYOD(Bring Your Own Device)にも対応するソリューション。「セキュア・コンテナ」という手法で、業務利用する会社専用の領域をデバイス上に確保する。企業は、このコンテナだけを管理し、ユーザーはコンテナ内でのみ企業のメールなどの情報資産を利用できる。

 新バージョンでは、新機能の「DME AppBox」でスマートデバイス上に簡単にモバイルアプリケーションポータルを構築し、スマートデバイスと社内外のさまざまな情報資産とのセキュアな連携を可能にした。ユーザーインターフェイスも改良し、操作性とグループウェア連携を強化している。iOS 6にも対応し、スマートデバイスの業務利用をさらに拡大できる。

 「DME AppBox」の税別価格は、クラウドサービスが1デバイス月額300円(50デバイス利用時)、オンプレミスが1デバイス8300円。