NEC(遠藤信博社長)は、11月21日、販売パートナーに対してNECソリューションの製品強化や販売方法を説明するセミナー「ITNW拡販全国キャラバン」を東京・田町で開催した。

 セミナーでは、プラットフォーム販売本部の石垣博崇本部長代理が、NECのITプラットフォーム事業の下期販売施策を説明。「仮想化」「TCO削減」「セキュリティ」「BCP(事業継続計画)」の4テーマで推進していくとした。

プラットフォーム販売本部の石垣博崇本部長代理

 販売戦略の軸となる仮想化では、「サーバーだけでなく、デスクトップ、ストレージ、ネットワークの仮想化に取り組み、包括的なソリューションを提案していく」と説明。中堅・中小企業(SMB)向けに、仮想化システムの運用を支援する「SSC小規模仮想化管理パック」の低価格ライセンスを発売したことや、シンクライアント環境の構築に必要な最小構成をサーバーとセットにしたパッケージ製品などを紹介した。

 TCO削減では、「消費電力の削減とファイル容量の削減の二つの観点からソリューションを展開する」と説明。消費電力の削減では、40°Cの耐熱性をもつサーバーなど、空調電力の削減に寄与する製品や、低コスト・低消費電力のストレージを展開。ファイル容量の削減では、「ファイルサーバーの使用状況を見える化する『情報アセスメントツール』を拡販する。ユーザー自身が運用するもので、他社製品を利用していても導入しやすい」とアピールした。

 セキュリティでは、ウイルス感染防止に加え、標的型攻撃やアクセスログ監視ソリューションを展開。BCPでは、テープドライブのバックアップデータ搬送から遠隔地バックアップまで、ニーズに応じた広範なソリューションを提案していくと説明した。

 また、石垣博崇本部長代理は、販売パートナーの支援策として、技術認定プログラムやサポートサービス、ストレージ製品「iStorage」を特別価格で提供して、無償のトレーニングサポートがつく「Go!Go!サポートキャンペーン」などを紹介した。

 セミナーでは、このほか実機を用いたデモンストレーションや導入事例の紹介を行い、終了後は懇親会を開催した。(真鍋武)