インターネットイニシアティブ(IIJ、鈴木幸一社長)は、クラウドサービス事業の拡大に向けてEMCジャパン(山野修社長)と協業し、EMCが国内で新たに開始する「EMC Velocityサービス・プロバイダ・パートナー・プログラム」の第一号パートナーとして、7月19日付で契約を締結した。

 両社は、EMCのストレージ製品とIIJのクラウドサービス「IIJ GIOサービスblank」を連携させた新たなソリューションの開発と共同マーケティング活動を通じて、互いのユーザー企業への拡販などを図る。

 主な協業内容は、(1)EMCジャパンの既存顧客に対する「IIJ GIO」を活用したハイブリッドクラウドの構築支援、(2)EMCのストレージと「IIJ GIO」を連携させた事業継続(BCP)ソリューションの開発・販売、(3)共同マーケティング活動。

 IIJは、プライベートクラウドのニーズに応えるため、多くの企業が情報システムで利用している仮想化技術「VMware」と、EMCのストレージ製品に対応したクラウドサービス「IIJ GIO仮想化プラットフォーム VWシリーズ」を、8月に提供する。

 ユーザー企業は仮想基盤上のOSやアプリケーションソフトを自由に設計・構築できるので、業務環境と要件に合わせたシステムをクラウド上に容易に構築できる。