京セラコミュニケーションシステム(KCCS、佐々木節夫社長)は、電子書籍配信サービス「BookLooper」を、2013年3月に発売する。

 KCCSは、大学での電子学術書(和書)の普及を目指し、2010年12月から慶應義塾大学メディアセンターと共同で、学生・教職員を対象とした電子学術書配信の実証実験を行い、学習に適した電子書籍活用のノウハウを蓄積してきた。

 「BookLooper」は、メモ・マーカー・全文検索などの学習支援機能や、電子書籍のDRM(デジタル著作権管理)、決済機能を備えたクラウド型サービス。大学での効率的な学習や、企業での知識の活用を支援する電子書籍配信の商用サービスとして提供する。

 すでに、京都造形芸術大学で2013年4月に通信教育部芸術教養学科の学生に向けて、学術・専門書出版物のデジタル配信サービスを予定している。大学で採用する教科書や教材の電子化、出版社との電子配信権許諾は日本出版販売が行う。KCCSは、今後3年間で総額10億円の販売を目標としている、