日本ベリサイン(河村浩明社長)は、ベリサインのSSLサーバー証明書を利用する顧客に無償提供する「脆弱性アセスメント」サービスに、新たに中間CA証明書チェック機能を追加した。

 「脆弱性アセスメント」は、ベリサインのSSLサーバー証明書を利用する顧客のウェブサイトの脆弱性を毎週チェックするサービス。追加したのは、証明書の有効性の検証に必要な「中間CA証明書」をチェックする機能。中間CA証明書の設定忘れや期限切れ、中間CA証明書とクロスルート設定用証明書の設定順序間違いをチェックすることができる。

 これらの新機能によって、サーバー管理者による管理を自動化し、ウェブサイト利用者からの問い合わせを未然に防ぎ、ウェブサイトの管理を効率的にサポートする。