KDDIシンガポール(KDDI-S、太田直彦代表)と京セラコミュニケーションシステム(KCCS、佐々木節夫社長)、インフォアジャパン(インフォア、市東慎太郎社長)の3社は、東南アジアで事業を展開する製造業向けのERPソリューション分野で協業する。

 協業では、グローバル展開を望む製造業向けに、販売から会計、生産管理までをワンストップで提供するSaaS型ERPサービスを提供し、海外事業展開のスモールスタートを支援する。

 インフォアの中堅・中小企業の製造業向けERPパッケージ「Infor SyteLine」に、現地販売管理機能や制度会計、グループ内連結経営管理にも対応したKCCSのアドオンモジュールを付加し、KDDI-Sのデータセンター、TELEHOUSE Singaporeでサービスプラットフォーム化して、サービスメニューを各種用意する。これらの組み合わせによって、グローバル経営を強固に支援していく。

 製造業の東南アジア展開を熟知したプロフェッショナルチームが、顧客環境のヒアリングからサービス利用開始まで、きめ細かにサポートする。導入後のサポート窓口は、英語・日本語をはじめとする各国言語で対応する。

 3社は、今後それぞれのもつノウハウを組み合わせ、グローバルなサポートネットワークや海外導入実績をベースに、総合的なICTのサービスをワンストップで展開する。