ニュース

RSUPPORT、ネット経由でPCを起動できるWake On LANアプライアンスボックス

2013/06/14 18:34

 RSUPPORT(アールサポート、安千洪日本支社長)は、ネットワーク経由でパソコンを起動するWake On LANアプライアンスボックスの「RemoteWOL」を6月25日に発売する。

 「RemoteWOL」を社内ネットワークに設置することによって、社内のパソコンの電源がオフになっていても、遠隔でパソコンの電源をオンにすることができる。これによって、どこにいてもオフィスと同じ環境で仕事ができ、低コストで環境に配慮したモバイルワークを実現する。

 また、「RemoteWOL」をリモートデスクトップサービス「RemoteView」と併用すると、遠隔電源操作に加えて、画面共有、遠隔操作、インスタントVPNなどが簡単に使用でき、モバイルワークに必要な機能がワンストップで提供される。

 ルータなどのネットワーク設定を変更する必要がなく、普通のパソコンのようにIPアドレスを設定するだけで導入できる。税別価格は3万6000円。
  • 1

関連記事

<BCN REPORT>コニカミノルタ ビズコム 勤務形態の多様化に適したツールを提供 専用ハードなしで会社のパソコンに接続できる

RSUPPORT 「RemoteView」の販売が好調 3億9000万円の売り上げ目指す

RSUPPORT、リモート支援ツール市場で6年連続シェアNo.1、ミック経済研究所調べ

RSUPPORT、世界初のAndroid 4.0対応遠隔サポートシステムをNTTドコモに供給

RSUPPORT、新iPadに対応したリモートデスクトップの新バージョン

外部リンク

RSUPPORT=http://www.rsupport.com/

おすすめ記事

 
 

『週刊BCN』デジタル版 無料進呈キャンペーン

無料会員登録で6号プレゼント!!【9/30まで】

× ◆無料会員登録はこちらから>>