デル(郡信一郎社長)は、これまでの24時間365日電話に対応したサポートサービス「デル・プロサポート」に加え、新たなサービス「デル・プロサポートプラス」の提供を6月20日に開始した。

 ユーザー企業のシステム規模にかかわらず、ハードウェア1台から必要なサポートを購入できるサービス。監視ツール「SupportAssist」による問題検知やアラート通知、専任エンジニアによる保守やアドバイス、シニアエンジニアによるトラブルシューティングなどを用意している。

 「SupportAssist」は、システム管理ソフトウェア「Dell OpenManage Essential」のプライグインツールとして提供される無償ツールで、システムをリモートで常に監視して問題が深刻化する前にインシデントを特定。収集したシステム情報をすべて暗号化して自動的に送付する。専任エンジニアによる保守やアドバイスでは、月次の保守契約とサポート履歴レポートによって保守費用の予算策定とプランニングを支援するほか、必要に応じてメンテナンス作業を提案。トラブルシューティングでは、デルのエンタープライズ製品だけでなく、仮想化テクノロジーやOSにも精通するシニアエンジニアが包括的に問題を解決する。

 価格は製品や期間などによって異なるが、プロサポートプラス3年間とオンサイトサービス4時間の場合、サーバー「Dell PowerEdge」の「R320」「T320」で14万6000円、「R420」「T420」で15万8000円、「R520」で29万5000円、「R720」で32万3000円。ストレージ機器「Dell PowerVault」の「MD3200」「MD3600」で38万9000円などに設定している。(佐相彰彦)