京セラコミュニケーションシステム(KCCS、佐々木節夫社長)は、広告配信プラットフォーム「デクワス.DSP」で、mediba(大朝毅社長)が提供するスマートフォン向けアドネットワーク「mediba ad」との連携を開始した。

 「デクワス.DSP」は、これまでユーザーごとの興味・関心に合わせて広告をパーソナライズするレコメンドバナー広告と、潜在顧客を抽出して自社サイトへの訪問を促すオーディエンス拡張をPC向けに提供してきた。「mediba ad」との連携することで、広告主は従来までのPC向けに加え、スマートフォン向けにも費用対効果(ROI)の高い広告を配信することができるようになる。