ソリトンシステムズ(鎌田信夫代表)は、8月1日、マルチデバイス対応の独自ブラウザで、企業の社内システム・クラウドシステムを安全に利用させるセキュアアクセスソリューション「Soliton SecureBrowser/Soliton SecureGateway V1.0」を発売した。

 強力なセキュリティ機能を備えたブラウザで、ゲートウェイを経由して、企業の社内システム・クラウドシステムを安全に利用するためのセキュアアクセスソリューション。「Soliton SecureBrowser」は、保護された空間で動作し、端末へのデータ保存や外部へのコピーが禁止され、端末にキャッシュを残さないなどのさまざまなセキュリティ機能を実装する。Windows、Mac、iOS、Androidに対応しているので、マルチデバイス環境でも統一したセキュリティポリシーを適用できる。

 「Soliton SecureBrowser」と「Soliton SecureGateway」間の通信は暗号化するのでVPN機器を利用する必要はなく、一般的なVPNのように許可していないアプリが社内システムにアクセスすることはできない。「Soliton SecureGateway」へのアクセスには、NetAttest EPSで発行したデジタル証明書を利用した強固な認証を利用できるだけでなく、「Soliton SecureGateway」接続後の各種システムへのアクセスには、「Smart eGate」を利用した透過的なシングルサインオンを行うこともできる。また、ID管理や統合ログ分析などの各種ソリトン製品を組み合わせることで、構築から運用までを考慮したトータルなソリューションとして提供する。

 税別価格は、「Soliton SecureGateway」が220万円から(500ユーザー使用権、初年度センドバック保守含む)で、「Soliton SecureBrowser」は無償で配布する。出荷は8月29日に開始する。