東芝ソリューション(河井信三社長)は、8月13日、ITを活用したヘルスケアを核とする新事業の展開を開始し、その一環として、健康な高齢者(健康シニア)と、離れて暮らす子世代とをターゲットにした「高齢者向け在宅サービス」を提供すると発表した。第一弾として「安心」「健康」メニューを核としたサービスを今秋に提供し、順次「楽しみ」「便利」なサービスとコンテンツの拡充を図っていく。

 「安心」では、「さりげない見守りサービス」を提供する。タブレット端末の利用状況や登録した健康情報、服薬の記録状況など、親の生活状況や健康状態を見守る子の家族がいつでも把握することができる。

 「健康」では、「健康管理サービス」を提供する。Bluetoothに対応した健康機器と連携し、血圧や脈拍、体重などの健康データを自動的に安全な健康管理サーバーに記録。設定した服薬時間になると通知して、薬の飲み忘れを防止する。

 「楽しみ」では、テレビ電話や手書きメールなど、簡単でわかりやすいツールを提供することで、家族やシニア間のコミュニケーションを活性化するほか、エンタテインメントや旅行などで業界大手企業と連携し、最新のコンテンツやサービス・商品を提供する。

 「便利」では、地域の流通サービス企業と連携して、食材・生活用品などを簡単に取り寄せることができる。また、生活に役立つ地域情報や最新ニュース、防災情報などを、テキストと音声で繰り返し自動再生する。

 今後のサービス展開では、シニアがより楽しく便利な生活を支援できるよう、各サービス業界大手企業と連携して事業を拡大する。将来は、健康シニアだけでなく、家族・母子・子供・女性・ペット向けなど、生活全般の支援やライフケア・サービス事業を目指す。