富士通(山本正已社長)は、10月1日に富士通アドバンストソリューションズと富士通ミッションクリティカルシステムズを合併させ、社会インフラシステムの基盤構築から業種アプリケーション開発までをワンストップで担うシステムエンジニア(SE)体制を構築すると発表した。

 富士通アドバンストソリューションズは、これまで主に金融機関や官公庁向けの業種アプリケーション開発を。富士通ミッションクリティカルシステムズは、ミッションクリティカルな社会インフラシステムの基盤構築を手がけてきた。

 統合によって、新会社に社会インフラシステムに関する技術・ノウハウを集約することで、ソリューションの創出力を高める。また、SE人材を機動的に活用することで、ユーザー企業の成長を支援するサービスを提供する。

 さらに、新会社の子会社に官公庁向けビジネスを中心とする富士通パブリックソリューションズと金融機関向けビジネスを中心とする富士通アドバンストソリューションズ東海を配置し、社会インフラ系SEグループとしてシステムの開発力を強化する。(ゼンフ ミシャ)