トレンドマイクロ(エバ・チェンCEO)は、モバイルデバイス向けセキュリティ対策ソフトウェア「Trend Micro Mobile Security(TMMS)」の新バージョン「9.0」を、9月3日に発売する。

 TMMSは、スマートフォンやタブレットを対象に、端末内のデータ消去をはじめとして、端末位置検索やBluetooth使用制限、不正なウェブサイトへのアクセス防止など、モバイルデバイスの端末管理(MDM)とセキュリティ対策を実現するツール。

 新バージョンは、電話番号、メールアドレス、端末の位置情報などの重要な情報を社外に持ち出さず、クラウド上の通信用サーバーを経由してデバイスの運用管理ができる。クラウド型アプリケーション評価サービス「Trend Micro Mobile App Reputation(MAR)」と連携し、MARによって分類されたゲーム/ソーシャル/アダルトなどのカテゴリに応じて、アプリケーションのインストールや起動を許可するかどうかの一括設定ができる。

 価格は、「Trend Micro Mobile Securityスタンダード」が3110円、「Trend Micro Mobile Securityアドバンス」が6220円。今後1年間で、6億円の売り上げを目指す。(ゼンフ ミシャ)